11/21/2007

"Meet Joe Black" and "Bridget Jones's Diary"

2日連続で映画を見た。昨日は"Meet Joe Black"をテレビで。ジョーがエージェントであることを伝えるシーンは早口で何言ってるのかわからなくて、最後に近いシーンでなんでジョーが涙ぐんでるのかわからなくて、あたまの中にクエスチョンを抱えたまま本当のラストに突入して、まったく意味がわからなかった。アンソニー・ホプキンスは森の中で死んでしまったのだろうか?スーザンは彼が何者なのかわかっているのだろうか?わたしが何もわかってないのは英語だからなんだろうか?
"Bridget Jones's Diary"は中国製のDVDで「BJ単身日記」とラベルされています。日本語訳の本を読んで面白かったのでペーパーバッグも持っていたけど挫折した。映画は初めてで、ヒュー・グランドがマーク・ダーシーなんだと思っていたら違ってた。声を出して笑っていたのでデニスがやってきて、一緒に笑った。発音がイギリスだと言っていたけど、洗濯機の音がうるさくてほとんど字幕に頼ってみていた。アマゾンのレビューを見ていたら「自分を甘やかして生きている、私にとっては一番近寄りたくない女性のタイプ。憎めないと言うより、はっきり言えば大嫌いなタイプ」というのを見つけてびっくり。なにもそこまで...
what I learned about these moviesはセックスしたあと相手によかった?だのよかったわ、だのフィードバックを女性でも積極的に申し込む、申し上げる文化があるということ。ローコンテキストってやつなのかしら。まあ、フィードバックは早いほうがいいとは思うけど、正直、「よくない」とはなかなか言いにくいのではないかと思われます。

4 件のコメント:

Satoshi さんのコメント...

日本人に、生まれて、よかった。。

chimay さんのコメント...

satoshiさん
笑。わたしもそう思います。
アメリカ人とそれについて話してて「ほんと?男も聞かないのか?」って聞かれました。「よくなかったとはいえないじゃん」と申し上げたら「そりゃそうだ」というところは一致しておりましたが。

Satoshi さんのコメント...

白黒つけないと前に進めないのだ!
って姿勢は素晴らしい(ホント)、
と思うけど、
常に、
じゃなくてもいいよなぁ。

chimay さんのコメント...

satoshiさん
笑。ほんと、行間を読むとか、空気を読むとかの読む努力を希望します。実際読めなくてもいいんだけど。